なぜ彼女は処女膜で歌ったか

つまり、何故アシカは鹿ではないか

【読書1/5・第18回】△道尾秀介「月と蟹」▼京極夏彦「死ねばいいのに」

・真梨幸子「アルテーミスの采配」 AV業界というのは「沈められる」「落ちる」もので、「復讐の手段」であるという前提の上で、AV落としの都市伝説を膨らませて書いた、という感じ。都市伝説って大体面白いので、この小説も面白かった。でもAV女優が読んだら…

【読書1/5・第17回】△中島らも「今夜、すべてのバーで」▼「メインディッシュ」

・沢木耕太郎「凍」 実在の雪山登山家の壮絶な体験を小説化したもの。ノンフィクションだからなのかもしれないけど、インタビュー感というか、本人に対する遠慮みたいなものが若干残っている。ノンフィクションってこういうものなのかな。 題材はすさまじい…

【読書1/5・第16回】△多和田葉子「雪の練習生」▼柚木麻子「あまからカルテット」

・樋口毅宏「日本のセックス」 作者の努力、やりたいことは伝わった。性にまつわるトラブルを、性描写ありできちんと丁寧に描きたかったんだと思う。そして本当に、スワッピングの文化と、それに伴って個人が巻き込まれるドラマをちゃんと描いている。 しか…

【読書1/5・第15回】△遠藤周作「沈黙」▼辻村深月「ツナグ」

・小川糸「食堂かたつむり」 柔らかな小説。 小さな食堂にまつわる人間模様が、料理と共に描かれていく形式。こういう素朴で可愛い小説って時々読みたくなるんだけど、最近そういう「お料理で人生問題解決ふわふわ小説」がいっぱいあるので、新規性がない。 …

【読書1/5・第14回】△乙一「暗いところで待ち合わせ」▼浅田次郎「王妃の館」

半年間に読んだ本シリーズ第二弾。相変わらずぼんやりしたレビューです。 今回の五冊はどれもよかったです。 ・有栖川有栖「双頭の悪魔」 普通の推理小説なのですが、章の途中で「読者への挑戦コーナー」が設けられており、「ここまでの小説を読んだ中で、あ…

【読書1/5・第13回】△中島らも「ガダラの豚」▼夢枕獏「陰陽師」

ここ半年くらいずっと読書1/5を放置していたのですが、ちゃんと読んではいたんですよ!レビューするのがめんどくさかっただけです! でもよく考えてみたんですが、やっぱり読書はブログで整理した方がいいっぽい。紙でやってもブクログでやってもあんまり達…

布ナプキンは肌触り最高!あと人の生き方と価値観の根幹を問うてくる哲学的物体!

半年以上ぶりにブログを開いたのにアクセスカウンターがぶん回っていました。みなさんありがとう。 お久しぶりということで、折角ですが本日の話題は”””””生理用ナプキン(布)””””” 経血まみれでごめんね! 最近布ナプキンを使い始めまして、使用生活が安定…

【読書1/5・第12回】△真保裕一「ホワイトアウト」▼有川浩「図書館戦争」

延滞により図書館に追っかけまわされています。 それもこれも井上靖「額田女王」を読むのがものすごい時間かかるからなんだよなあ! ・浅田次郎「メトロに乗って」 メトロの駅から昭和の色々な時期にタイムスリップする話。題材の趣味が素晴らしく、描写も完…

The Beginners' Guide To The Ballet:バレエで玄人っぽく寝る方法

バレエ好きとして最も奥歯ギリィなのは、「バレエ初めて観たけど、寝ちゃって意味わからなかったわー」と誰かに言われる時です。寝るなら私にチケットくれよ。説教したい気分にすらなる。劇場で寝るなんて肛門も不用心ですよ。 しかし考えてみれば、バレエは人…

【読書1/5・第11回】△綿矢りさ「インストール」▼米澤穂信「氷菓」

どんどんいくよー ・芦辺拓「紅楼夢の殺人」 これは面白いですね!中国古典をモチーフにしたミステリー小説で、中国貴族の風俗が楽しめます。ミステリーファンでない人にはおすすめできます。ミステリーファンが読むと、「このトリック何なんじゃオラ」って…

【読書1/5・第10回】△三浦しをん「風が強く吹いている」▼乾くるみ「イニシエーション・ラブ」

これで50冊読みました。ここまででわかったことですが、私の好みは、個性的で語句不足な文体で詩人っぽく夢のように書いてくれる作家です。逆に一生懸命文字数費やして説明してくれる作家は酷評してしまいます。ツンデレですね。 なので私が酷評していても、…

火の国

月も星も眠ってしまった 波も寝言をつぶやくだけ しかし空は予感している ふと黒の中に花が生まれる 紺の底から歌が生まれる そして紫が追いかけてくる 希望は水平線の向こうから来る その色は橙なのだ 白い小さな船が出た まだ街は寂しい夢を見ている 死ん…

【読書1/5・第9回】△横山秀夫「クライマーズ・ハイ」▼リリー・フランキー「東京タワー」

久しぶりに迷わず褒めちぎりたいのと、迷わずこき下ろしたいのが5冊の中に入って幸せです。 ・愛川晶「化身」 主人公が1歳の頃の記憶をめちゃくちゃ正確に記憶しています。才能でしょうか。全体の流れは面白かったのですが、主人公が徐々に事件の重要事項を…

FLASH

新緑が目に熱いのに 私は冬を忘れられない もう負けないと信じているけど まだ朝を迎えるのは恥ずかしい 過去よりも速く走りたい 記憶よりも速く生きたい そうすればきっと逃げ切れる きっと閃光になれば 古傷で測る幸せはない でも苦痛がないと空虚だ 勝っ…

最低の戦

誰にでも突然自殺したくなる日がある。 理由がある時も、ない時もある。理由もなく、ただおもむろに自殺してみたくなることもある。 そんな日には、生存は防衛戦だ。 大体において、芸術は自殺を思いとどまらせる役には立たない。特に小説や詩のような、言葉…

【読書1/5・第8回】△有栖川有栖「マレー鉄道の謎」▼万城目学「プリンセス・トヨトミ」

とうとう40冊ですね!うおお! 読書に関しては、継続に力なんかないんじゃないかと思いだしました。読めば読むほど、だんだんどの小説にも興味がなくなります。特に最近推理小説が嫌いになってきた。 世の中には少々ミステリーとか警察系の小説が多すぎやし…

【読書1/5・第7回】△芦原すなお「青春デンデケデケデケ」▼江國香織「きらきらひかる」

今回はすごく時間がかかりました。というのは、この5冊を読むのは簡単だったんだけど、「青春デンデケデケデケ」を読み終えた後に京極夏彦を読み始めたら、いつまでたっても読み終わらなくなってしまったの。5冊目は江國香織に差し替えました。 ・原尞「私…

人間を箱推ししてくれるDDなインコに襲撃される部屋

生活自慢シリーズ第二弾〜〜〜〜〜 今回は、鳥と触れ合えるお店に行ってきましたので、その報告です。 動物と触れ合えるお店に行ったことある方いますか?猫カフェとか大変メジャーになってまいりましたね!しかし行った方はわかると思うんですけど、猫カフ…

「朝起」とかいうチンコみたいな名前の店で金玉食ってきた(迫真)

最近完全に読書記録になってしまっていて不本意なので、日常の報告もしておこうと思います。 新宿の「朝起(あさだち)」というお店に行ってきました。 <a href="http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006692/" data-mce-href="http://tabelog.com/t…

【読書1/5・第6回】△隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」▼桂木希「終末のパラドックス」」

30冊も読みました!すごいね! ・貴志祐介「青の炎」 普通の高校生が殺人を犯し、倫理が崩壊し、ずぶずぶはまっていく様を描いた作品。作者は犯人の視点から事件を描くのが好きなようだけど、この作品は「悪の教典」と比べると地味かなと思う。 ・佐々木譲「…

【読書1/5・第5回】△村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」▼伊藤計劃「虐殺器官」

今回の5冊は全て好きじゃないので、とても厳しい戦いでした。 ・道尾秀介「向日葵の咲かない夏」 スーパーサイコパス小学生物語。死んだ人間が動物に生まれ変わるという設定がミステリーとしては特殊で、最後までこれが鍵を握っている。どんでん返しにビビる…

【読書1/5第4回】△梨木香歩「家守綺譚」▼伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」

5冊読んではレビューするようにしたら、突然読書欲が際限なく湧いてきたから不思議なもんです。喋りたくて仕方ないのかもしれない。 ・歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 超面白かった。重要なファクターをわざと書かずに読者をだまくらかす系の…

【読書1/5第3回】△安倍公房「箱男」▼北村薫「空飛ぶ馬」

今回の1/5は、BESTに選びたい小説と、WORSTに選びたい小説に二分化された。 面白かった順に書いていきます。 BEST1/5・安倍公房「箱男」 箱男 (新潮文庫) 作者: 安部公房 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/05 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 69回…

美術館に行って嬉しくなっちゃったから自慢するぞエッヘンヘン

美術館に行ってきました!エッヘン!すごいでしょう! こんなことが自慢になるのは、日頃美術館に行ってないからですね!でもとっても面白かったのでオススメしとくね! 行ってきたのはこちら! ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展 | ボストン美術館 華…

寄稿したいとかゆめゆめ無いと思いますが

このブログに記事を書きたい方とかいらっしゃいますでしょうか。 いなくて良いんです!!全然いなくって良いんです!!!! ただ「長文を書きたいけど、場所がない」「長文を書いて褒められたいけど、場所がない」みたいな方がいらっしゃったら、私のブログ…

【読書1/5第2回】△東野圭吾「新参者」▼連城三紀彦「火恋」

昨日の今日で、もう第二回。もう読み溜めがないので、次回はちょっとかかります。 今回の1/5はこちらです。 ・北村薫「スキップ」 17歳から突然25年後にスキップしてしまう女の人の話。北村薫は、日常生活を描くのがめちゃくちゃ上手い。何でもない日常が、…

【読書1/5第1回】△貴志祐介「悪の教典」▼綾辻行人「Another」

8月に読んだ5冊は以下のとおりです。 ・平山夢明「DINER」 「Another」がなければ文句なしのWORSTだった。殺し屋御用達のレストランでウェイトレスする主人公っていう時点で乙女ゲーっぽい設定だが、主人公や殺し屋の性格が乙女ゲーとしか言いようがない。な…

【読書1/5】準備:殿堂入り

最近やたら図書館で本を借りて読んでいるので、なんかそういう記事を書きたくなりました。 それで考えついたのは、5冊読むごとに、読んだ本の中からBEST1とWORST1を選ぶという企画です。 この企画の良いところは、本を読むモチベになるとか、考えを整理でき…

「おちんちんガールスカウト」について作文力総動員して書いたら4800字になった

「おちんちんガールスカウト」という言葉をご存知だろうか。 知っているとしたら、それは錯覚であろう。なぜなら、「おちんちんガールスカウト」なる言葉は存在しない。 GoogleやYahoo!で検索しても、ヒットするのは「ガールスカウト」の連盟のHPであり、そ…

「ヒヨコをミキサーに入れる研究をしてる」スレについて物理の勉強してる人に聞いた

先日、こんなスレを読みました。 ヒヨコをミキサーに入れて何が失われたか研究してるけど質問ある? | 不思議.net いやいやまとめで失礼。 概要をまとめると、この人はピヨッてるヒヨコと、ミキサーにかけてジュース状になったヒヨコの違いとは何なのか、何…

就職活動まとめ

就活のまとめしまーーーーす!! 企業説明会で聞いたことで一番心に残っていること。 人事「入社後は一人一人の過去のバックヤードを踏まえて配属を決定します」 _人人人人_ > 裏庭 <  ̄Y^Y^Y ̄ 実話だからね実話

カーマ・スートラが主張するロマンティックなセックスを英語→日本語に訳して紹介するゾ

古代インドのセックス教本として名高い「カーマ・スートラ」を読んだことはありますかな? カーマ・スートラは、wikiによると、 「7部35章に渡って書かれた古代インド性愛論書。第二部は赤裸々に性行為について綴ってあるため、特に有名」だそうです。 「セ…

料亭で日本料理を運ぶバイトのメモが見つかった

ちょっと前に、とある料亭というか旅館みたいなところで、懐石料理を運ぶバイトをしてました。 修学旅行とかで旅館泊まったことあるっしょ?その時に着物着て料理持ってきてくれた人、アレあたしです。 行かなくなって相当時間が経ってるんだけど、Evernote…

おそ・・・ろ・・・しいの・・・・は・・滝 よ のつ・・・・・かな・ り し い む ・ 方の・・・去過 ・ 返 し ・ ろ り取・・・・・・・・・方・・・の渦

お そ ろ し い の は 渦 よ り む し ろ 滝 の 方 ・ 取 り 返 し の つ か な い 未 来 の 方

道を歩いている 春の道を歩いている 私の靴が歌っている みんなみんなごめんね 可愛い靴の下で死んだ蟻や 不注意な呼吸で温暖化した大気 たんぽぽの黄色が爆発しているよ それでも取り返しのつかない現在を歩いている 道を歩いてきた 冬の道を歩いてきた 私…

残忍な女の子

残忍な女の子の涙は花だといい誰かがそれを観て笑うといい 女の子の皮を被った強盗が今日も生きてしまうよ盗まずにはいられないの同情の欠片や思いやりの雫時間を乗りこなせば逃げるのなんて容易いもう蝶も飛んでいないパンツの中の赤い花畑抱いてくれたら不…

女子大生のようなものがゼクシィを真面目に読んで考えた【レビュー編3】

ゼクシィレビュー最終章です。 <ゼクシィの特徴3> 〜世の中にはクソ面白い結婚式がある〜 このコーナーでは、ゼクシィにさらっと登場する噴飯結婚式エピソードを紹介します。 しかも「この結婚式ウケるでしょう!」って書き方じゃなくて、あたかも普通で…

女子大生のようなものがゼクシィを真面目に読んで考えた【レビュー編2】

ゼクシィだよぉ>< 女子大生然としたものがゼクシィを読んでみて考えたことまとめ、第二弾です。 ゼクシィの特徴の2点目。 <ゼクシィの特徴2> 〜非協力的な夫に対する妻の不満が爆発〜 今回、注目したいのは、多分みんな気になってるこちら。 「彼専用…

Twitterでの議論は本当に不毛か

ちょっとゼクシィ特集はお休み中です。何せページ数が多すぎてまとめるのが大変なんだわwwww なので今日はTwitterについて考えたことを話します。 「Twitterを使う理由」に関するアンケートが時々行われているらしいですね。 【Twitterに関するアンケート調…

女子大生のようなものがゼクシィを真面目に読んで考えた【レビュー編1】

今回は、ゼクシィの記事を真面目に読み、考えてみたいと思います。 特に前回でいうところの【読み物パート】をじっくり読んでいきますね。 ゼクシィ6月号の読み物パートの内訳をテーマ別に見てみましょう。 【婚約】 彼親への挨拶の仕方・先輩夫婦の結婚指輪…

女子大生のようなものがゼクシィを真面目に読んで考えた【構造編】

結婚情報誌と言えばゼクシィbyリクルートですね!! 最近は、彼氏に結婚を迫りたい時に机に無造作にゼクシィを放置しておく「ゼクハラ」や、女の要求を詰め込んだ「彼氏専用ゼクシィ」など、色々話題になってますね。 というわけで、ゼクシィを買って読んで…

人は陸の上に住む 鳥は空の上に住む そして魚は水の中 父は渚にこぎ出して 今日も網を投げてます うちの魚はよく売れる 母は浜に繰り出して 背中の子供と貝探し 魚の瞳は蜷色だ あの子が泣いた 大津浪 船がお山に飛んでった 魚が路肩ではねている 坊主がお経…

愛の化石

昔、愛とかいうものがあったというのは、 誰でも知っている伝説です カブトガニは何千年を見てきたが この地球にはもはや愛の化石は生きていない 「昔は本当によかった」 愛は世界を救えたし、 心の渇きを癒した 今は、愛さえ世界を見殺しにする時代 こんな…

世界的な不幸(幸福)

幸せです 今生きている自分の人生が、何だかどこかで道を間違えて、混迷している結果のような、 つまり正しい選択肢を選び損ねたような、 もっと他の人が幸せになるような人生の可能性があったような、 そんな都合の良い気分に浸るほど幸せです。 もちろんこ…

サンドイッチ

悪い人になりたいなんて思ったことない 罪を犯そうと思ったこともない ただちょっと香辛料のつもりなだけ サンドイッチ食べよう 白い食パンに罪のレタス挟もう お腹に秘密隠して地下鉄で逃げるこの世に善人が多すぎるのは私のせいじゃないよ救った人より傷付…

遠く遠くに行きたい 手首に浮き出た血管を辿って 僕の頸動脈は 一日何万滴も血液を通す 流れ星は 守られなかった約束 世界の果てに隠された滝には 毎日 何億もの星が落ちるそうな 億千万の喜劇がひしめく夕闇に 雨が静かに降る 青い惑星

駅弁15:鶏めし弁当

またまた駅弁の振り返りです。 駅弁15:鶏めし弁当 900円 高崎駅 茶飯の上に鶏そぼろ、鳥の照り焼き、コールドチキン(何だろう)が乗ったご飯エリア、赤こんにゃく、肉団子、栗甘露煮とかとかのおかずエリアがある、炊き込みごはん系駅弁には一般的な構成と…

駅弁14:山陰鳥取かにめし

駅弁食べたけどブログ更新してないのがいくつかあったので、書きまーす。 駅弁14:山陰鳥取かにめし 何と公式画像が動くぞwwwwワロタwwwww 鳥取駅 1140円(多分) 福井県にもかにめしがあるけど、鳥取県にもあるそうで、こちらは羽田空港で買いました(なん…

歌う宝箱

美しい物探して今日も気もそぞろ足元に砕けた宝石見つけて嘲笑う悲しいインテリだから私は下を見るのをやめたからっぽからっぽ、って歌うからっぽからっぽ、って私の宝箱歌うだから自分の宝箱に他人の宝物入れるの宝箱の底が見えないと足取りは弾むねこそこ…