読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ彼女は処女膜で歌ったか

つまり、何故アシカは鹿ではないか

【女という謎】女を怒らせて殺されない方法

女という物は本当に魑魅魍魎ですね。

特に喧嘩したときのめんどくささは異常です。

多くの方が今「うんうん、わかるよ」と頷きましたね。

頷いた奴は非童貞だ!!殺せ!!!

 

女との喧嘩の流れは大体こうじゃないでしょうか。

 

【会話例1:許してくれない】

男「(何でもないことを言う)だよね〜」

女「(曲解する)は?何それ最低。何で私の気持ちわかんないの。人間性がなってない」

男「ごめん」

女「ごめんじゃないが。怒りが収まらないが。」

男「どうすりゃいいんだよ!!」

 

もしくは、

 

【会話例2:蒸し返す】

男「(何でもないことを言う)だよね〜」

女「(曲解する)・・・だよね・・・」

〜数ヶ月後〜

女「本当はあの時嫌な気持ちだった。あの時もそうだった。あの時もそうだった。あの時もあの時もあの時もあの時もあの時も」

男「(覚えてねーからwww)ごめん」

女「誠意を感じない」

男「もう終わったことだろ!!」

 

このめんどくささ、女達も自分で気付いているんだよ。

でもやめられない。何かもう遺伝子レベルでこうなんじゃないだろうか。

女という物は、自分の気持ちを尊重してくれることをとても重視します。そして、恨みは忘れません。

下手したら人を殺しかねない思考回路をしている・・・!!

 

女がいかに我が儘かということは重々承知の上、敢えて言わせていただければ、

この会話例に登場する男の謝り方、なっとらん。

魑魅魍魎であるところの女共に取って食われる謝り方だ!

お腹を空かせたライオンの檻に素っ裸で飛び込む謝り方だ!

女代表として、私が謝り方を伝授して進ぜよう。

 

 

【会話例1:許してくれない】

これは大変よくあるケースです。

男は大体さっぱりしているので、

「自分が悪かったことを認めて謝れば許してもらえる」と思いがちです。

しかし女は、悪かったことを認めて謝るだけでは許しません。

女の考え方は、「相手の怒りを静めてあげるまでが喧嘩」なのです。

なので、以下の謝り方は全てアウトです。

 

・「ごめん、悪かった。もうしないよ」

・「もう二度としない。今まで思ったこともなかったことが学べた。ありがとう」

・「ごめんごめん、今の水に流してよ」

 

大変理不尽に感じるかもしれませんが、

これらはただ単純に謝って、罪を認めただけにすぎません。

こんなんじゃあ鬼共の怒りは静まりません。

 

日本では古来から、鬼を鎮めるために舞を踊ったり、供物を捧げたりしてきました。

女にも同じ方法が有効です。

 

模範会話例をご紹介しましょう。

男「(何でもないことを言う)だよね〜」

女「(曲解する)は?何それ最低。何で私の気持ちわかんないの。人間性がなってない」

男「ごめん」

女「ごめんじゃないが。怒りが収まらないが。」

男「(可哀相な子犬のような顔をして、高い声で)ごめんねっごめんねっごめんねっくぅ〜んくぅ〜ん、許して?許して?もうしません、ごめんね女ちゃん、もう二度としないから僕のことを捨てないでにゃん?ごめんね?くぅんくぅんぺろぺろ、アイス食べる?チョコ食べる?肩揉む?お花欲しい?セックスする?乳首舐めようか?ぺろぺろ?いやなの?いやなの?帰っちゃいやだよ?帰らないで?帰ったら僕泣いちゃうからねっ?ねっ?」

 

こんな感じで行きましょう。

つまり何が言いたかったかというと、女の怒りを静めるための一番良い方法としては、「女の憐れみを買う」というものがあります。

女は「ああ、この人私がいないとダメね」というのに致命的な弱点がありますので、

憐れみを買うように媚びたりするとすぐに怒りを忘れてくれます。

媚びるのがダメな人は、頭にミカンでも載せて土下座すればいいでしょう。

 

 

【会話例2:蒸し返す】

喧嘩の際に、随分昔にあった不満や文句を蒸し返してくるパターンです。

これは個人差あると思います。女の中でもしない人はいます。

しかし会話例1のように、以前の喧嘩においてきちんと怒りを解消しておかなかった際などには、

鬼は恨み深いですので、容易に蒸し返しが発動してしまいます。

蒸し返しを根本的に防ぐ方法はなく、こまめに媚びろ、としか言い様がありませんが、

一応、「蒸し返しをされたとき、復讐してはならない」という点を助言したいと思います。

女の恨みは海よりも深く、一度されたことを絶対に忘れません。

慈悲を失った女は男よりも恐ろしい。共通の友人がいる場合は特に恐ろしいです。

なので、例え蒸し返しというまさに外道なことをされたとしても、あなたはぐっとこらえ、自分の命と社会性を守りましょう。

 

というわけで、模範解答例はこちらです。

男「(何でもないことを言う)だよね〜」

女「(曲解する)・・・だよね・・・」

数ヶ月後

女「本当はあの時嫌な気持ちだった。あの時もそうだった。あの時もそうだった。あの時もあの時もあの時もあの時もあの時も」

男「(覚えてねーからwww)ごめん」

女「誠意を感じない」

男「そんな蒸し返しみたいなルール違反する女とは付き合っていられない。今日限りで終わりにしよう」

 

かっこいいですね。義を通す男の中の男って感じで大変素敵です。

本当に好きならここで女も縋ってきたり譲歩してきたりするんじゃないでしょうか(無責任)。

 

これを参考に、皆さんも楽しい喧嘩ライフを♪♪♪