読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ彼女は処女膜で歌ったか

つまり、何故アシカは鹿ではないか

最近やったこと

・書けることがない。

Twitter見たらおわかりでしょうけど、ここにまとめると大学名や所属団体名や本名がべろんべろん割れちゃうような活動をここ最近していました。

今年も楽しかったです。

 

・美しい矛盾

どんな人間も心の中に大きな矛盾を抱えていると思うのです。

神経質で偏執的なこだわりを持っているんだけど、それを激しく嫌悪してしまう人。

正々堂々と戦いたいんだけど、真実によって他人を傷つける自分の攻撃性を蔑んでしまう人。

言葉が大好きなんだけど、自分の言葉が恐ろしくて、人との接触が嫌いだと自分に言い聞かせて洗脳してしまう人(これ私)。

 

誰にでもこういう膿んだ傷があるのなら、

どうせヘドロの海で泳ぐなら、美しい矛盾を抱えていたいと思う。

 

こういう矛盾や、いわゆる欠点をパテで塗り固めて、

まるでツルッとしたゆでたまごみたいに人当たりが良くて社会生活にふさわしいっぽい人って、何の取っかかりもなくてつまんないって思う。

「『良い人』だけじゃ恋人になれない」って良く言うけど、

ただの「良い人」なんて友達でもいらないよねえ。

わたしは欠点のないゆでたまごより、炭化した目玉焼きの方が好きなんだと思うな。

 

もちろん欠点のないゆでたまごの足を無理矢理開いて恥ずかしい部分を暴き出して塩を塗って痛みに苦しむ様を見ながらにやりと笑い、つと人差し指をつぼみに差し入れてこりこりした部分を探し当ててこすってやるみたいなことも大好きです!!!!

 

何の話