読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ彼女は処女膜で歌ったか

つまり、何故アシカは鹿ではないか

愛の化石

昔、愛とかいうものがあったというのは、
誰でも知っている伝説です
カブトガニは何千年を見てきたが
この地球にはもはや愛の化石は生きていない

「昔は本当によかった」
愛は世界を救えたし、
心の渇きを癒した
今は、愛さえ世界を見殺しにする時代

こんなに飢えた大地にも、
命はやはり巡ってくる
こんなに孤独な電車にも、
命はやはり巡ってくる
こんなに外れた私にも、
命がやはり巡ってきた

ああ、この新月の夜、
星も見えないネオンの闇に、
人類が逃げるように暮らす

「朝はいつ来るのか、誰か調べていただけませんか
私の懐中電灯は電池が切れてしまったんです・・・」