読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ彼女は処女膜で歌ったか

つまり、何故アシカは鹿ではないか

カーマ・スートラが主張するロマンティックなセックスを英語→日本語に訳して紹介するゾ

古代インドのセックス教本として名高い「カーマ・スートラ」を読んだことはありますかな?

カーマ・スートラは、wikiによると、

「7部35章に渡って書かれた古代インド性愛論書。第二部は赤裸々に性行為について綴ってあるため、特に有名」だそうです。

「セックス教本!!!エロ本!!!!うっは!!!!うはうは!!!!」と思った方は是非読んでいただきたい。何故ならそんなにエロくも何ともないし、正直セックスのやり方について延々書いている箇所を読み続けるのは退屈だからです。「ちんこをこう動かせ」と言われても、別に私試せるわけじゃないんでね^^^^(試せる人が読んだら面白いのかな?それちょっと興味深い)

 

カーマ・スートラの中で私が好きな箇所が一つだけあります。それは第二部十章の「性交の始め方と終え方」のところです。私が読んだのはカーマ・スートラ英語訳(リチャード・バートン訳・1883年)なのですが、英語が超絶美しい上に、その性交の始め方と終え方が超ロマンティックなんですよ!!!

女心にズバッと来るロマンティックさなんですよ!!!是非紹介したい!!!こんなセックスしたことない!!!誰かやって!!!

 

紹介ついでに、日本語訳も付けました。日本語にしても綺麗。

 

<日本語訳(訳:じょーたそ)>

男は友人や召使と共に、花で飾られ、香水が薫り立つ寝室にて、女を待つべきである。女が入浴を済ませ、着飾って寝室に訪れたら、彼女に軽食と飲み物を勧める。

男は彼女を自分の左隣に座らせ、右腕でそっと彼女を包み込みながら、髪や衣類の房に触れる。

その後、二人で様々な主題について機知に富んだ会話をする。時には、下品なことや外では言えないようなことに関して話してもよい。

二人で歌ったり、踊ったり、楽器を弾いてもよいし、芸術について話し、酒を飲み交わすのもよいだろう。

彼女が愛と欲望に抗えなくなった時、男は、部屋にいる人々に手土産として花、軟膏、キンマの葉を渡し、帰らせる。男女が二人きりになったら、前章(性交のやり方)で説明した通りに取り行う。これが、性交の始め方である。

 

性交が終わったら、恋人たちは慎み深く、お互いを見ることなく、別々に洗面所に向かう。その後、彼らは共にキンマの葉を食べる。男は、自分の手で女の体に純度の高いサンダルウッド等の軟膏を塗ってやり、彼女を左腕で抱きしめる。そして優しい言葉をかけながら、彼の手の中のコップから水を飲ませるか、彼女にコップを渡す。

その後、砂糖菓子等二人の好物を食べてもよい。また、フレッシュジュースやスープ、オートミール、牛肉の出汁、シャーベット、マンゴージュース、砂糖を加えた柑橘類のジュースなど、外国で好まれている飲み物や、甘く、柔らかく、純粋な飲み物を飲んでもよい。

恋人たちは、宮殿や家のテラスに座って、月光を楽しみ、優しい会話を続けてもよいだろう。女が男の膝に頭を乗せ、月を眺めているような時には、男は惑星、明けの明星、北極星、北斗七星や大熊座などを女に教えてやるのがよい。

 

英語版

IN the pleasure-room, decorated with flowers, and fragrant with perfumes, attended by his friends and servants, the citizen should receive the woman, who will come bathed and dressed, and will invite her to take refreshment and to drink freely.

He should then seat her on his left side, and holding her hair, and touching also the end and knot of her garment, he should gently embrace her with his right arm.

They should then carry on an amusing conversation on various subjects, and may also talk suggestively of things which would be considered as coarse, or not to be mentioned generally in society. They may then sing, either with or without gesticulations, and play on musical instruments, talk about the arts, and persuade each other to drink.

At last when the woman is overcome with love and desire, the citizen should dismiss the people that may be with him, giving them flowers, ointments, and betel leaves, and then when the two are left alone, they should proceed as has been already described in the previous chapters. Such is the beginning of sexual union.

 

At the end of the congress, the lovers with modesty, and not looking at each other, should go separately to the washing-room. After this, sitting in their own places, they should eat some betel leaves, and the citizen should apply with his own hand to the body of the woman some pure sandal wood ointment, or ointment of some other kind. He should then embrace her with his left arm, and with agreeable words should cause her to drink from a cup held in his own hand, or he may give her water to drink.

They can then eat sweetmeats, or anything else, according to their likings and may drink fresh juice, soup, gruel, extracts of meat, sherbet, the juice of mango fruits, the extract of the juice of the citron tree mixed with sugar, or anything that may be liked in different countries, and known to be sweet, soft, and pure.

The lovers may also sit on the terrace of the palace or house, and enjoy the moonlight, and carry on an agreeable conversation. At this time, too, while the woman lies in his lap, with her face towards the moon, the citizen should show her the different planets, the morning star, the polar star, and the seven Rishis, or Great Bear.

(出典:

The Kama Sutra of Vatsyayana: Part II: On Sexual Union: Chapter X. How to Begin and How to End the Congress. Different Kinds of Congress, and Love Quarrels

 

インド人はこんなセックスしてるんでしょうか????ちょっとすごすぎない?????惑星について話をしてくれるインド人の男すごすぎない?????そして性交後に飲む物に関してのこだわり多すぎない?????口説いてる様子を見せられる友人と召使迷惑すぎない?????やっぱこの章は神がかってるね。